• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの理事長もとで…日大アメフト部監督に応募者はいるのか

 アメフトの悪質なタックル問題で辞任した内田正人前監督らに代わる監督とコーチを公募することになったのが日大だ。19日、公式ホームページで明らかにした。

 高校、大学、社会人などの指導経験があることが条件。年齢は問わないが、「日大アメフト部出身者は除く」のが応募資格。日大出身者以外による新体制を望んでいた現役部員と父母会の希望が通った格好だ。

 これまでの体制がいかにヒドかったかだが、指導者が代わっただけで勝つためなら何でもアリというアメフト部の根本的な体質は変わるのか。それ以前にナンバー2の不祥事を見て見ぬふりの理事長のもと、矢面に立って指揮を執ろうという奇特な人が果たしているのか。根っこが代わらない限り、無意味という気もするのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る