あの理事長もとで…日大アメフト部監督に応募者はいるのか

公開日:

 アメフトの悪質なタックル問題で辞任した内田正人前監督らに代わる監督とコーチを公募することになったのが日大だ。19日、公式ホームページで明らかにした。

 高校、大学、社会人などの指導経験があることが条件。年齢は問わないが、「日大アメフト部出身者は除く」のが応募資格。日大出身者以外による新体制を望んでいた現役部員と父母会の希望が通った格好だ。

 これまでの体制がいかにヒドかったかだが、指導者が代わっただけで勝つためなら何でもアリというアメフト部の根本的な体質は変わるのか。それ以前にナンバー2の不祥事を見て見ぬふりの理事長のもと、矢面に立って指揮を執ろうという奇特な人が果たしているのか。根っこが代わらない限り、無意味という気もするのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る