日大アメフト悪質タックルの根底に内田前監督の“嫉妬心”

公開日: 更新日:

 日大アメフト部員による悪質タックルの深層が見えてきた。

 悪質なタックルが内田正人前監督(62)ら首脳陣の指示に起因することは、関東学生アメリカンフットボール連盟の調査の通り。だからこそ内田前監督は「除名処分」を食らったが、なぜ、選手をそこまで追い込まなければならなかったのかという疑問は残る。

 内田前監督は03年からアメフト部の指揮を執り、16年に一度、退任。そもそもが選手を精神的に追い込んで力を引き出すという前近代的な指導法とはいえ、「1年後に復帰して以降は、以前にも増して選手にきつく当たるようになった」(日大の元評議員)という。

■「27年ぶり日本一は前任者のおかげ」

 内田前監督が復帰するまでの1年間、アメフト部の指揮を執ったのは日大OBでコーチ経験もある高橋宏明氏。高橋氏が監督を務めた1年間は結果こそ出なかったものの、「昨年、27年ぶりに甲子園ボウルを制したチームの礎は高橋氏が築いたといっても過言ではない」と前出の評議員がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る