日大アメフト問題 第三者委が内田前監督を「断罪」の今後

公開日:  更新日:

 “身内”からもボロカスである。日大アメフト部の悪質タックルを調査している第三者委員会が29日に中間報告を行った。

 記者会見では、タックルを指示したといわれている内田前監督と井上前コーチを「不自然な弁明を繰り返し、選手に責任を押し付けようとしている。極めて悪質」と一刀両断。アメフト部員を対象にしたアンケート結果も公表し、「内田、井上から反則行為についてのコメントがあったか」という質問に8割以上が「あった」と回答。この両者の言い分が正しいと思った部員はゼロだったこともわかった。

 この第三者委は日大が弁護士を雇い、設置したもの。当初は「日大の“被害”を軽減するための自己弁護が目的では」との声もあったが、一部の日大職員が部員の口止め、揉み消しを図ったことなど、表に出ていなかった新事実も明らかになった。

「今回の中間報告で、田中理事長は全責任を内田前監督に押し付けることができると思ったことでしょう。しかし、事件は『アメフト部だけの問題』で、大学が受けるダメージは最小限になるとほくそ笑んでいるとすれば大間違い。学生を守らないどころか、学生に罪をなすりつけるような大学の入学志願者は確実に減るはずです」

 とは、ある日大OB。

 そもそも悪質タックルの指示、責任逃れ、揉み消し工作を図った監督が、常務理事を務めていた大学だ。経営体質だって問われてしかるべき。田中理事長がふんぞり返っていられるのも時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る