日大アメフト問題 第三者委が内田前監督を「断罪」の今後

公開日:  更新日:

 “身内”からもボロカスである。日大アメフト部の悪質タックルを調査している第三者委員会が29日に中間報告を行った。

 記者会見では、タックルを指示したといわれている内田前監督と井上前コーチを「不自然な弁明を繰り返し、選手に責任を押し付けようとしている。極めて悪質」と一刀両断。アメフト部員を対象にしたアンケート結果も公表し、「内田、井上から反則行為についてのコメントがあったか」という質問に8割以上が「あった」と回答。この両者の言い分が正しいと思った部員はゼロだったこともわかった。

 この第三者委は日大が弁護士を雇い、設置したもの。当初は「日大の“被害”を軽減するための自己弁護が目的では」との声もあったが、一部の日大職員が部員の口止め、揉み消しを図ったことなど、表に出ていなかった新事実も明らかになった。

「今回の中間報告で、田中理事長は全責任を内田前監督に押し付けることができると思ったことでしょう。しかし、事件は『アメフト部だけの問題』で、大学が受けるダメージは最小限になるとほくそ笑んでいるとすれば大間違い。学生を守らないどころか、学生に罪をなすりつけるような大学の入学志願者は確実に減るはずです」

 とは、ある日大OB。

 そもそも悪質タックルの指示、責任逃れ、揉み消し工作を図った監督が、常務理事を務めていた大学だ。経営体質だって問われてしかるべき。田中理事長がふんぞり返っていられるのも時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る