• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

満を持して就任 巨人新オーナーは読売・渡辺主筆の後継者

 巨人は18日、新オーナーに読売新聞グループ本社代表取締役社長で、巨人軍取締役広報担当を務める山口寿一氏(61)が就任することを発表した。

 前日17日に相次ぐ不祥事の責任を取り、老川祥一オーナー(76)が辞任。今年6月以降、選手が飲食店で全裸になり、携帯電話で撮影した画像をSNSにアップしたり、同僚選手の野球用具を窃盗して売却するなど、信じられないトラブルが発覚した。山口新オーナーは「不祥事が相次いだが、これを偶然と考えてはいけない。責任の所在、指導が誰の役割か明確ではなかった。『巨人は特別な球団なんだ』という驕りがあり、たるみ、怠けが球団全体にあった。不祥事の発生に歯止めをかけて、強い巨人を取り戻していくことが私の役目」と語った。

 早大出身。かつては敏腕司法記者として知られ、法務部長などを歴任した。2015年6月に50代の若さで読売新聞東京本社代表取締役社長、16年6月には同グループ本社代表取締役社長に就任。読売グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(92)の後継者とされる人物である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る