2年で引責辞任 いくつあっても足りない巨人オーナーのクビ

公開日: 更新日:

 巨人は17日、緊急会見を開き、老川祥一オーナー(76)の辞任を発表した。

 次から次に発覚している不祥事の責任を明確にするためで、球団事務所で記者会見を開いた石井一夫球団社長は「今年の6月以降、支配下選手やスタッフによる不祥事が相次いでいて、球団の信用が大きく失墜する事態になっている。プロ野球ファン、ジャイアンツファン、国民の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪し、こう続けた。

「具体的に不祥事は今回3件を考えている。1つは6月11日未明に篠原選手が都内飲食店個室で裸になり、河野選手がスマホで撮影して流した案件。もう1つは柿沢元選手による球団内の盗難事件。3つ目は業務委託していた元トレーナーのわいせつ事件が一部週刊誌に報じられたこと」とした。

 老川オーナーは2016年3月に野球賭博問題で引責辞任した白石興二郎オーナーの後任として就任した。しかし、この2年間、断続的に問題が噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る