2年で引責辞任 いくつあっても足りない巨人オーナーのクビ

公開日:  更新日:

 巨人は17日、緊急会見を開き、老川祥一オーナー(76)の辞任を発表した。

 次から次に発覚している不祥事の責任を明確にするためで、球団事務所で記者会見を開いた石井一夫球団社長は「今年の6月以降、支配下選手やスタッフによる不祥事が相次いでいて、球団の信用が大きく失墜する事態になっている。プロ野球ファン、ジャイアンツファン、国民の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪し、こう続けた。

「具体的に不祥事は今回3件を考えている。1つは6月11日未明に篠原選手が都内飲食店個室で裸になり、河野選手がスマホで撮影して流した案件。もう1つは柿沢元選手による球団内の盗難事件。3つ目は業務委託していた元トレーナーのわいせつ事件が一部週刊誌に報じられたこと」とした。

 老川オーナーは2016年3月に野球賭博問題で引責辞任した白石興二郎オーナーの後任として就任した。しかし、この2年間、断続的に問題が噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る