2年で引責辞任 いくつあっても足りない巨人オーナーのクビ

公開日: 更新日:

 巨人は17日、緊急会見を開き、老川祥一オーナー(76)の辞任を発表した。

 次から次に発覚している不祥事の責任を明確にするためで、球団事務所で記者会見を開いた石井一夫球団社長は「今年の6月以降、支配下選手やスタッフによる不祥事が相次いでいて、球団の信用が大きく失墜する事態になっている。プロ野球ファン、ジャイアンツファン、国民の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪し、こう続けた。

「具体的に不祥事は今回3件を考えている。1つは6月11日未明に篠原選手が都内飲食店個室で裸になり、河野選手がスマホで撮影して流した案件。もう1つは柿沢元選手による球団内の盗難事件。3つ目は業務委託していた元トレーナーのわいせつ事件が一部週刊誌に報じられたこと」とした。

 老川オーナーは2016年3月に野球賭博問題で引責辞任した白石興二郎オーナーの後任として就任した。しかし、この2年間、断続的に問題が噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る