指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

公開日: 更新日:

 巨人の開幕4番を務めたアレックス・ゲレーロ(31)が“本性”を現したことで、チームでの立場が危うくなってきた。

 コンディション不良のため、6月15日に登録を抹消されたまま1カ月が経過。球宴期間中の14日の練習日に高橋由伸監督(43)と今後を話し合う予定だった。が、これまで首脳陣が対話の機会を持たなかったことに腹を立てたゲレーロ側が何とこれを拒否したという。

 中日時代の昨季、35本でセ・リーグ本塁打王。今季から2年総額8億円の大型契約で巨人に加入した。

 しかし、開幕から4番を務めながら、60試合で打率.253、10本塁打、29打点と期待外れ。現在は二軍戦に出場しながら調整を続けている。

 一軍に上げる理由がない。ゲレーロの抹消後、外国人枠で争う先発助っ人のヤングマン、メルセデスがともに勝利を挙げている。古巣の中日関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る