指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

公開日:

 巨人の開幕4番を務めたアレックス・ゲレーロ(31)が“本性”を現したことで、チームでの立場が危うくなってきた。

 コンディション不良のため、6月15日に登録を抹消されたまま1カ月が経過。球宴期間中の14日の練習日に高橋由伸監督(43)と今後を話し合う予定だった。が、これまで首脳陣が対話の機会を持たなかったことに腹を立てたゲレーロ側が何とこれを拒否したという。

 中日時代の昨季、35本でセ・リーグ本塁打王。今季から2年総額8億円の大型契約で巨人に加入した。

 しかし、開幕から4番を務めながら、60試合で打率.253、10本塁打、29打点と期待外れ。現在は二軍戦に出場しながら調整を続けている。

 一軍に上げる理由がない。ゲレーロの抹消後、外国人枠で争う先発助っ人のヤングマン、メルセデスがともに勝利を挙げている。古巣の中日関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る