指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

公開日:

 巨人の開幕4番を務めたアレックス・ゲレーロ(31)が“本性”を現したことで、チームでの立場が危うくなってきた。

 コンディション不良のため、6月15日に登録を抹消されたまま1カ月が経過。球宴期間中の14日の練習日に高橋由伸監督(43)と今後を話し合う予定だった。が、これまで首脳陣が対話の機会を持たなかったことに腹を立てたゲレーロ側が何とこれを拒否したという。

 中日時代の昨季、35本でセ・リーグ本塁打王。今季から2年総額8億円の大型契約で巨人に加入した。

 しかし、開幕から4番を務めながら、60試合で打率.253、10本塁打、29打点と期待外れ。現在は二軍戦に出場しながら調整を続けている。

 一軍に上げる理由がない。ゲレーロの抹消後、外国人枠で争う先発助っ人のヤングマン、メルセデスがともに勝利を挙げている。古巣の中日関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る