巨人メルセデス初登板初勝利 “激安年俸”でもチームに貢献

公開日:

 巨人に3連勝をもたらしたのは、去る8日に育成から支配下登録されたばかりの左腕・メルセデス(24)だった。10日のヤクルト戦に先発して5回を投げ、5安打無失点。188センチ、82キロの体躯から投げ下ろす角度ある速球とカーブ、スライダーを武器に、ヤクルト打線に的を絞らせなかった。

「非常にハッピーだ。とにかく四球を出さないことを意識しながらも、コースを突くことを忘れずに投げた。点を取ってくれた打線に感謝したい」

 試合後のメルセデスはこう言って、笑みを浮かべた。米大リーグ、レイズ傘下のマイナーでプレーしていたが、昨年1月に巨人と育成契約を結び今年が2年目になる。

 ドミニカ共和国出身で、年俸は550万円。支配下登録される以前は270万円、昨年は230万円だった。

 母国には女房と子供もいるそうだから、いわばジャパニーズドリームを夢見て来日したクチだ。

 巨人は年俸3億円のゲレーロ、2億3000万円のカミネロが不調で二軍落ち。山ほどカネもらってる助っ人がサッパリ働かず、自前で育てた安月給の苦労人がチームに勝利をもたらしたのだから、図らずも編成の稚拙さが露呈したというか、皮肉なもの――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る