• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同じ元楽天でも巨人柿沢と正反対 ソフトB西田は万能内野手

 かつての同僚と一緒にするなかれ、だ。

 オフに楽天からトレードで加入したソフトバンクの西田哲朗(26)が、8日、3試合連続本塁打となる2ランを放った。

 西田は内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤー。今季、序盤こそ二軍暮らしが続いていたものの、5月に昇格。今宮の負傷離脱で空いた遊撃を中心に、ポジション問わず内野を守っている。

 元楽天といえば、巨人の柿沢が窃盗で解雇、逮捕されたばかり。西田も楽天時代は若手の台頭で出番が減っていたが、決して腐ることはなく、練習に励んでいた。

 柿沢に西田のツメのアカを煎じて飲ませたい……と言ったところで、すべて後の祭り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る