同じ元楽天でも巨人柿沢と正反対 ソフトB西田は万能内野手

公開日:  更新日:

 かつての同僚と一緒にするなかれ、だ。

 オフに楽天からトレードで加入したソフトバンクの西田哲朗(26)が、8日、3試合連続本塁打となる2ランを放った。

 西田は内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤー。今季、序盤こそ二軍暮らしが続いていたものの、5月に昇格。今宮の負傷離脱で空いた遊撃を中心に、ポジション問わず内野を守っている。

 元楽天といえば、巨人の柿沢が窃盗で解雇、逮捕されたばかり。西田も楽天時代は若手の台頭で出番が減っていたが、決して腐ることはなく、練習に励んでいた。

 柿沢に西田のツメのアカを煎じて飲ませたい……と言ったところで、すべて後の祭り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る