• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤岡と岡トレード 日ハムが出血覚悟で昔のドラ1獲得の思惑

 26日、ロッテの藤岡貴裕投手(29)と日本ハムの岡大海外野手(27)とのトレードが決まった。

「正直、驚いています」

 こうコメントしたのは藤岡本人だが、この駆け込みトレードには周囲も驚いていた。藤岡は東洋大から11年ドラフトで3球団競合の末にロッテに1位入団。ちなみにその年、日本ハムは巨人との競合の末に東海大・菅野智之(現巨人)を1位指名したが、入団を拒否されている。

 さて、当の藤岡は新人年に6勝をマークするも、翌年から2年連続で6勝止まりで、15年からは中継ぎに配置転換。今季は先発復帰したものの、一軍登板はゼロ。二軍でも0勝4敗、防御率4.20と不調だった。パ球団の編成担当が言う。

「藤岡は以前にもトレード話が浮上したことがある。ただ、今季の投球を見ても、全体的にボールが高く、緩急をうまく使えていない。環境が変わってどうなるかだけど、岡を獲得したロッテの方が得をするかもしれない。岡は大卒5年目の若手有望株。足は速いし、肩も強い。長打力も秘めている。今の日本ハムの外野陣は西川、近藤、大田らメンバーが充実しており、そこに割って入るのは難しい。一軍での出場機会が増えれば、大化けする可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る