藤岡と岡トレード 日ハムが出血覚悟で昔のドラ1獲得の思惑

公開日:  更新日:

 26日、ロッテの藤岡貴裕投手(29)と日本ハムの岡大海外野手(27)とのトレードが決まった。

「正直、驚いています」

 こうコメントしたのは藤岡本人だが、この駆け込みトレードには周囲も驚いていた。藤岡は東洋大から11年ドラフトで3球団競合の末にロッテに1位入団。ちなみにその年、日本ハムは巨人との競合の末に東海大・菅野智之(現巨人)を1位指名したが、入団を拒否されている。

 さて、当の藤岡は新人年に6勝をマークするも、翌年から2年連続で6勝止まりで、15年からは中継ぎに配置転換。今季は先発復帰したものの、一軍登板はゼロ。二軍でも0勝4敗、防御率4.20と不調だった。パ球団の編成担当が言う。

「藤岡は以前にもトレード話が浮上したことがある。ただ、今季の投球を見ても、全体的にボールが高く、緩急をうまく使えていない。環境が変わってどうなるかだけど、岡を獲得したロッテの方が得をするかもしれない。岡は大卒5年目の若手有望株。足は速いし、肩も強い。長打力も秘めている。今の日本ハムの外野陣は西川、近藤、大田らメンバーが充実しており、そこに割って入るのは難しい。一軍での出場機会が増えれば、大化けする可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る