チームを4連勝に導く 有原“先発フル回転”が日ハムVのカギ

公開日: 更新日:

「前半戦は迷惑をかけたので、後半戦でしっかり貢献したい」

 16日のオリックス戦、日本ハム有原航平(25)が1失点完投で6勝目を挙げ、チームを4連勝に導いた。

 大谷翔平が米エンゼルスへ移籍し、昨季チーム最多の10勝をマークしたこの右腕が次期エースとして期待されていたが、キャンプで右肩痛を発症。一軍初登板は4月中旬にズレ込んだ。不振で6月中旬には抑えに配置転換。4試合で2セーブを挙げる一方で、防御率6.75と打ち込まれ、球宴直前に先発に復帰。それから2戦2勝である。

 先発から抑えになり、再び先発に戻るのは容易ではない。体にも負担がかかる。昨年同じ過程をたどったヤクルト小川泰弘は、先発復帰後の9月に肘を疲労骨折している。

 前半戦終了前、栗山監督は有原について、「どこで投げようと、航平が活躍しないと優勝しない」と話していた。16年以来の優勝を手繰り寄せるには、有原を先発専念でフル回転させるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る