チームを4連勝に導く 有原“先発フル回転”が日ハムVのカギ

公開日:

「前半戦は迷惑をかけたので、後半戦でしっかり貢献したい」

 16日のオリックス戦、日本ハムの有原航平(25)が1失点完投で6勝目を挙げ、チームを4連勝に導いた。

 大谷翔平が米エンゼルスへ移籍し、昨季チーム最多の10勝をマークしたこの右腕が次期エースとして期待されていたが、キャンプで右肩痛を発症。一軍初登板は4月中旬にズレ込んだ。不振で6月中旬には抑えに配置転換。4試合で2セーブを挙げる一方で、防御率6.75と打ち込まれ、球宴直前に先発に復帰。それから2戦2勝である。

 先発から抑えになり、再び先発に戻るのは容易ではない。体にも負担がかかる。昨年同じ過程をたどったヤクルトの小川泰弘は、先発復帰後の9月に肘を疲労骨折している。

 前半戦終了前、栗山監督は有原について、「どこで投げようと、航平が活躍しないと優勝しない」と話していた。16年以来の優勝を手繰り寄せるには、有原を先発専念でフル回転させるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る