日ハム中田ヤキモキ? “ライバル”虎ロサリオに覚醒の兆し

公開日: 更新日:

 オールスターで中日の松坂から死球を受けた左肘には、まだ痛みが残っているという。

 22日のソフトバンク戦、日本ハム中田翔(29)が五回に2点適時二塁打を放ち、同一カード3連勝に貢献した。

 打席ではケガの悪化を防ぐため、左肘にプロテクターを装着。この日の二塁打は自打球を当てた直後で、「痛かったけどね。追加点が奪えたので良かったよ」と言う意地の一打。21日の試合では初回に内角ストレートをうまくさばいて左翼席に本塁打。この3連戦は全試合で打点を稼ぎ、「4番」の働きを見せた。

 その中田は昨季、打率.216、16本塁打、67打点と不振に悩み、FA権の行使を断念。8000万円減となる年俸2億円の1年契約で残留した。主将に就任した今季は106キロのムキムキボディーでキャンプイン。18本塁打、67打点で打点王争いに食い込み、課題とされていた得点圏打率も3割を超えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る