日ハム中田ヤキモキ? “ライバル”虎ロサリオに覚醒の兆し

公開日: 更新日:

 オールスターで中日の松坂から死球を受けた左肘には、まだ痛みが残っているという。

 22日のソフトバンク戦、日本ハムの中田翔(29)が五回に2点適時二塁打を放ち、同一カード3連勝に貢献した。

 打席ではケガの悪化を防ぐため、左肘にプロテクターを装着。この日の二塁打は自打球を当てた直後で、「痛かったけどね。追加点が奪えたので良かったよ」と言う意地の一打。21日の試合では初回に内角ストレートをうまくさばいて左翼席に本塁打。この3連戦は全試合で打点を稼ぎ、「4番」の働きを見せた。

 その中田は昨季、打率.216、16本塁打、67打点と不振に悩み、FA権の行使を断念。8000万円減となる年俸2億円の1年契約で残留した。主将に就任した今季は106キロのムキムキボディーでキャンプイン。18本塁打、67打点で打点王争いに食い込み、課題とされていた得点圏打率も3割を超えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る