巨人ゲレーロ崖っぷち…育成有望株の松原聖弥を支配下登録

公開日: 更新日:

 巨人は30日、育成選手の松原聖弥外野手(23)と支配下選手契約を結んだと発表した。新年俸は420万円。50メートル5秒75の俊足が武器で、今季は春季キャンプで一軍に抜擢された。二軍で78試合に出場し、打率・319、16盗塁。フレッシュオールスターに出場するなど有望株だった。

 大阪出身。仙台育英、明星大を経て16年育成ドラフト5位で入団した。仙台育英時代は補欠。それどころか、主にベンチ外だったというが、ここまで這い上がった。会見に同席した鹿取GMは「希望としてはリードオフマン。足を生かした打撃を見せてもらいたい。守備範囲も広い」と期待を寄せた。

 今季の巨人は外国人選手の育成からの昇格が目立つ。6月にアダメス、7月上旬にメルセデス、27日にマルティネスと相次いで支配下契約。いずれもドミニカ共和国出身で、30日現在、3人とも一軍で活躍だ。4人の外国人枠にはじかれ、二軍調整中のゲレーロは、同じ外野手の松原が69人目の支配下選手となったことで、さらに厳しい立場に追い込まれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  5. 5

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  10. 10

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

もっと見る