• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ゲレーロ崖っぷち…育成有望株の松原聖弥を支配下登録

 巨人は30日、育成選手の松原聖弥外野手(23)と支配下選手契約を結んだと発表した。新年俸は420万円。50メートル5秒75の俊足が武器で、今季は春季キャンプで一軍に抜擢された。二軍で78試合に出場し、打率・319、16盗塁。フレッシュオールスターに出場するなど有望株だった。

 大阪出身。仙台育英、明星大を経て16年育成ドラフト5位で入団した。仙台育英時代は補欠。それどころか、主にベンチ外だったというが、ここまで這い上がった。会見に同席した鹿取GMは「希望としてはリードオフマン。足を生かした打撃を見せてもらいたい。守備範囲も広い」と期待を寄せた。

 今季の巨人は外国人選手の育成からの昇格が目立つ。6月にアダメス、7月上旬にメルセデス、27日にマルティネスと相次いで支配下契約。いずれもドミニカ共和国出身で、30日現在、3人とも一軍で活躍だ。4人の外国人枠にはじかれ、二軍調整中のゲレーロは、同じ外野手の松原が69人目の支配下選手となったことで、さらに厳しい立場に追い込まれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る