巨人泥沼6連敗…550万円“格安”メルセデスへの依存度高まる

公開日: 更新日:

 優良助っ人が無失点に抑えても、巨人の連敗は止まらなかった。

 26日のヤクルト戦にC・C・メルセデス(24)が先発。初回に2死満塁のピンチを切り抜けると、二回からは6イニング連続で1人の走者も許さず、3者凡退に抑えた。8回122球を投げて3安打無失点。1―0で九回にマウンドに上がった守護神マシソンが同点に追いつかれ、勝ち星は逃した。延長十一回、上原が山田に勝ち越しの適時打を許し、連敗が6に伸びた高橋由伸監督も、メルセデスの働きには「ずっといい投球を続けているね」と目を細めた。

 来日初登板となった10日のヤクルト戦は5回、18日の阪神戦は7回を無失点。初登板から3試合で計20イニング連続無失点と抜群の安定感を誇る。8日に育成から支配下選手に昇格したばかり。年俸は格安の550万円だ。

 同じ先発助っ人のヤングマンがこの日、登録を抹消された。前日の登板で左手首に打球が直撃し、骨折していたことが判明したためである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る