今季はマウンドでも元気 G山口俊79人目ノーノーまでの軌跡

公開日: 更新日:

 2017年は散々だった男の逆襲だ。7月に酒を飲んで暴力トラブルを起こし、球団から出場停止、罰金などの処分を受けた巨人の山口俊(31)のことである。

 酒豪で知られ、グラウンド外の武勇伝は数知れない。だが、今年はマウンドでも目立っている。

 27日の中日戦に先発し、103球で5奪三振1四球。七回に大島に四球を出したものの、安打は許さず、14年の西武の岸(現楽天)以来となる史上79人目のノーヒットノーランを達成した。巨人では12年5月30日の杉内以来の快挙となった。

 お立ち台では「泣かないよ~」と絶叫。「六回くらいから意識していた。家に帰ったら実感が湧いてくるのかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)は「凄い。終始、自分のペースで集中して投げられていた」と絶賛した。

 FA移籍1年目の昨季はわずか1勝(1敗)。今季はここまで8勝6敗、防御率3・51で、開幕からエース菅野と先発ローテの軸としてフル回転している。16年オフにFA入団した際は3年契約だったが、トラブル後に契約年数などの見直しが行われたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る