今季はマウンドでも元気 G山口俊79人目ノーノーまでの軌跡

公開日:

 2017年は散々だった男の逆襲だ。7月に酒を飲んで暴力トラブルを起こし、球団から出場停止、罰金などの処分を受けた巨人の山口俊(31)のことである。

 酒豪で知られ、グラウンド外の武勇伝は数知れない。だが、今年はマウンドでも目立っている。

 27日の中日戦に先発し、103球で5奪三振1四球。七回に大島に四球を出したものの、安打は許さず、14年の西武の岸(現楽天)以来となる史上79人目のノーヒットノーランを達成した。巨人では12年5月30日の杉内以来の快挙となった。

 お立ち台では「泣かないよ~」と絶叫。「六回くらいから意識していた。家に帰ったら実感が湧いてくるのかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)は「凄い。終始、自分のペースで集中して投げられていた」と絶賛した。

 FA移籍1年目の昨季はわずか1勝(1敗)。今季はここまで8勝6敗、防御率3・51で、開幕からエース菅野と先発ローテの軸としてフル回転している。16年オフにFA入団した際は3年契約だったが、トラブル後に契約年数などの見直しが行われたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る