今季はマウンドでも元気 G山口俊79人目ノーノーまでの軌跡

公開日:

 2017年は散々だった男の逆襲だ。7月に酒を飲んで暴力トラブルを起こし、球団から出場停止、罰金などの処分を受けた巨人の山口俊(31)のことである。

 酒豪で知られ、グラウンド外の武勇伝は数知れない。だが、今年はマウンドでも目立っている。

 27日の中日戦に先発し、103球で5奪三振1四球。七回に大島に四球を出したものの、安打は許さず、14年の西武の岸(現楽天)以来となる史上79人目のノーヒットノーランを達成した。巨人では12年5月30日の杉内以来の快挙となった。

 お立ち台では「泣かないよ~」と絶叫。「六回くらいから意識していた。家に帰ったら実感が湧いてくるのかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)は「凄い。終始、自分のペースで集中して投げられていた」と絶賛した。

 FA移籍1年目の昨季はわずか1勝(1敗)。今季はここまで8勝6敗、防御率3・51で、開幕からエース菅野と先発ローテの軸としてフル回転している。16年オフにFA入団した際は3年契約だったが、トラブル後に契約年数などの見直しが行われたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る