巨神も関心 オリ西勇輝は投手枯渇のFA市場で引く手あまた

公開日:

「今年の国内FA市場は、まれに見る投手不足です」(セ球団編成担当)

 これは先日、国内FA権の取得要件を満たしたオリックスの右腕・西勇輝(27)にとって、追い風になるに違いない。

 08年にドラフト3位で入団して10年目。昨季は8月に故障するなど5勝止まりだったが、切れ味鋭いシュートを武器に、一昨年までの6年間で59勝をマーク。コンスタントに勝ち星を重ねてきた。関西の球界関係者が言う。

「昨オフは1000万円ダウンの1・2億円プラス出来高でサイン。『なぜ、こんなに評価が低いのか』とショックを受け、今季のFA行使に含みを持たせていた。性格は快活で目立ちたがり屋。オフにはファンを集めてイベントをやることもある。一緒に自主トレを行ったことがある巨人菅野ら、他球団にも親しい選手が多い。過去には『何年後に年俸何億円を稼ぐ』と、目標設定をしていたこともあるというから、評価が高ければ高いほどモチベーションが上がるタイプ。好条件を求めて、FA権を行使する可能性は高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る