巨神も関心 オリ西勇輝は投手枯渇のFA市場で引く手あまた

公開日:

「今年の国内FA市場は、まれに見る投手不足です」(セ球団編成担当)

 これは先日、国内FA権の取得要件を満たしたオリックスの右腕・西勇輝(27)にとって、追い風になるに違いない。

 08年にドラフト3位で入団して10年目。昨季は8月に故障するなど5勝止まりだったが、切れ味鋭いシュートを武器に、一昨年までの6年間で59勝をマーク。コンスタントに勝ち星を重ねてきた。関西の球界関係者が言う。

「昨オフは1000万円ダウンの1・2億円プラス出来高でサイン。『なぜ、こんなに評価が低いのか』とショックを受け、今季のFA行使に含みを持たせていた。性格は快活で目立ちたがり屋。オフにはファンを集めてイベントをやることもある。一緒に自主トレを行ったことがある巨人菅野ら、他球団にも親しい選手が多い。過去には『何年後に年俸何億円を稼ぐ』と、目標設定をしていたこともあるというから、評価が高ければ高いほどモチベーションが上がるタイプ。好条件を求めて、FA権を行使する可能性は高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る