• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨神も関心 オリ西勇輝は投手枯渇のFA市場で引く手あまた

「今年の国内FA市場は、まれに見る投手不足です」(セ球団編成担当)

 これは先日、国内FA権の取得要件を満たしたオリックスの右腕・西勇輝(27)にとって、追い風になるに違いない。

 08年にドラフト3位で入団して10年目。昨季は8月に故障するなど5勝止まりだったが、切れ味鋭いシュートを武器に、一昨年までの6年間で59勝をマーク。コンスタントに勝ち星を重ねてきた。関西の球界関係者が言う。

「昨オフは1000万円ダウンの1・2億円プラス出来高でサイン。『なぜ、こんなに評価が低いのか』とショックを受け、今季のFA行使に含みを持たせていた。性格は快活で目立ちたがり屋。オフにはファンを集めてイベントをやることもある。一緒に自主トレを行ったことがある巨人菅野ら、他球団にも親しい選手が多い。過去には『何年後に年俸何億円を稼ぐ』と、目標設定をしていたこともあるというから、評価が高ければ高いほどモチベーションが上がるタイプ。好条件を求めて、FA権を行使する可能性は高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る