守護神マシソン抹消で連敗…巨人勝利の方程式は完全崩壊

公開日:

 巨人の守護神を務めるスコット・マシソン(34)が29日、左膝痛で今季初めて登録を抹消された。

 マシソンは20日の広島戦で逆転サヨナラ2ランを浴び、26日のヤクルト戦では1点差の九回に同点に追いつかれるなど、2試合連続でセーブに失敗していた。

 暗雲が立ち込める中、この日の中日戦に高卒2年目の高田萌生(20)が先発。しかし、初回に四球を挟む4連打などでいきなり4点を失うなど、2回を63球6安打4四死球で6失点KOとなった。高橋由伸監督は「いい球もあった。ここ(一軍)で投げたことがまずは第一歩」と責めなかったが、2番手で3失点の中川には「踏ん張って欲しいよね。(マシソンの抹消は)痛いけどしょうがない。(抑えは)沢村で考えている」とムッツリである。

 マシソンは2013年から昨年まで5年連続50試合以上に登板。メジャー復帰の可能性があった昨オフ、球団関係者は「どんな補強よりマシソンの残留交渉が最優先」と言うほど、毎年フル回転してきた絶対的存在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る