FA目玉選手らがソッポか…巨人は今オフの補強も苦戦必至

公開日: 更新日:

 指揮官の顔から日に日に生気が失せていく。

 25日のヤクルト戦に敗れて5連敗。3位に転落した高橋監督は、1点を追う八回1死満塁の絶好機をフイにした場面を振り返り、「あそこで何とか逆転したかった」と力ない声で絞り出した。

 首位広島とは9ゲーム差。4年ぶりのV奪回に黄信号がともるどころか最下位中日とも3・5ゲーム差ということを考えれば、CS進出を逃す可能性だって十分にある。

 この惨状に読売グループ本社の渡辺恒雄主筆は早くも、「巨人の本来の野球じゃない。もっと強化する。圧倒的に勝つように」と今オフの大型補強を示唆。球団周辺ではまたぞろ、西武の炭谷銀仁朗(31)や広島の丸佳浩(29)らFA選手の動向調査なんて声が聞こえ始めているのだが、誘われる側は果たして今の巨人をどう見ているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る