• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

またも左脇腹痛…西武・菊池“悪い癖”露呈で米挑戦に不安

 ネット裏に並んだメジャースカウト陣も、思わず顔をしかめた。

 7日のロッテ戦、西武先発の菊池(27)が1点ビハインドの四回、先頭の清田に四球を与えた。その直後のことだ。菊池は苦悶の表情を浮かべて左脇腹を押さえると、マウンドを降りてベンチ裏へ。あるメジャースカウトは「またか」と言わんばかりにため息をつき、首を振った。

 菊池は前回8月31日の登板で左脇腹をつるアクシデントに見舞われたばかり。その際は7回無失点と好投したが、この日はマウンドに復帰後、平沢に2ランを浴びるなど7回4失点だった。

 菊池に言わせれば、脇腹痛は「暑い日は時々あること」とのことだが、ただでさえケガの多い選手である。今季は5月に左肩機能低下で、チームを離脱。左肩は入団1年目の2010年、13年にも痛めた箇所だ。さらに16年には右脇腹を故障。さかのぼれば、左脇腹痛は高校時代からの付き合いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る