またも左脇腹痛…西武・菊池“悪い癖”露呈で米挑戦に不安

公開日:

 ネット裏に並んだメジャースカウト陣も、思わず顔をしかめた。

 7日のロッテ戦、西武先発の菊池(27)が1点ビハインドの四回、先頭の清田に四球を与えた。その直後のことだ。菊池は苦悶の表情を浮かべて左脇腹を押さえると、マウンドを降りてベンチ裏へ。あるメジャースカウトは「またか」と言わんばかりにため息をつき、首を振った。

 菊池は前回8月31日の登板で左脇腹をつるアクシデントに見舞われたばかり。その際は7回無失点と好投したが、この日はマウンドに復帰後、平沢に2ランを浴びるなど7回4失点だった。

 菊池に言わせれば、脇腹痛は「暑い日は時々あること」とのことだが、ただでさえケガの多い選手である。今季は5月に左肩機能低下で、チームを離脱。左肩は入団1年目の2010年、13年にも痛めた箇所だ。さらに16年には右脇腹を故障。さかのぼれば、左脇腹痛は高校時代からの付き合いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る