• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・菊池メジャー挑戦確実も…米スカウト“もろさ”不安視

投稿日:

「良い時と悪い時のギャップが激しいのが心配の種です」

 西武の菊池雄星(27)について、西海岸のある球団スカウトがこんな指摘をする。

 今オフ、ポスティングによるメジャー挑戦が確実視されるこの雄星を巡っては、15日にMLB公式サイトが「複数球団の幹部がポスティングを利用するとみている。スカウトは、能力を最大限に発揮すれば先発ローテの2番手になれると評価している」と報じるなど、周辺が騒がしくなってきた。

 雄星が日本球界屈指の好投手であることは間違いなく、同サイトの記事に称賛の言葉が並ぶ一方で、冒頭のスカウトは、こう疑問を投げかける。

「メジャーでローテの2番手に入るためには、年間30試合登板、200イニングを投げ、15勝することが求められる。防御率が4点台でも、何より勝利数が優先される。ユーセイがこれを現実のものとするためには、状態が悪い時の投球を改善する必要がある。今季は、圧倒的な力を見せたかと思えば、投球を修正できずに5失点以上した試合が複数ある。投球のリズムを崩すともろさが出るのです。メジャーへ挑戦するなら、悪いなりにも抑える、という技術とメンタルを養ってほしい。アメリカは日本のように中6日登板で週1日は休養、というわけにはいかない。時差もあるし、過酷な環境。一度歯車が崩れると、ズルズルと負の連鎖に巻き込まれ、そのまま失敗に終わる可能性もゼロではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る