新たに靱帯損傷の大谷に肘の権威断言「手術焦る必要ない」

公開日:

 投げられない鬱憤を晴らすかのようにバットを炸裂させた。

 右肘靱帯に新たな損傷が見つかったエンゼルス・大谷翔平(24)が5日(日本時間6日)のレンジャーズ戦に「3番・DH」で出場。2本塁打を含む4打数4安打3打点と大当たりを見せた。五回の第3打席で2試合連続となる17号ソロを放ち、メジャー1年目の松井秀喜の16本越えを果たすと、八回には18号2ラン。城島健司(マリナーズ)の日本人ルーキーの最多本塁打記録に並んだ。

 試合前に電話会見に応じたエプラーGMは大谷が遠征先のアーリントンでMRI検査を受けた結果、右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師から靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術が必要と診断されたと発表。今季は登板せず、打者としての出場は可能なため、当面はDHとして起用される見込み。同GMは「本人の意思を尊重したい」とし、手術を受けるかどうかも含めて、今後の対応は遠征先から本拠地アナハイムに戻る10日(同11日)にも話し合うという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る