新たに靱帯損傷の大谷に肘の権威断言「手術焦る必要ない」

公開日:

 投げられない鬱憤を晴らすかのようにバットを炸裂させた。

 右肘靱帯に新たな損傷が見つかったエンゼルス・大谷翔平(24)が5日(日本時間6日)のレンジャーズ戦に「3番・DH」で出場。2本塁打を含む4打数4安打3打点と大当たりを見せた。五回の第3打席で2試合連続となる17号ソロを放ち、メジャー1年目の松井秀喜の16本越えを果たすと、八回には18号2ラン。城島健司(マリナーズ)の日本人ルーキーの最多本塁打記録に並んだ。

 試合前に電話会見に応じたエプラーGMは大谷が遠征先のアーリントンでMRI検査を受けた結果、右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師から靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術が必要と診断されたと発表。今季は登板せず、打者としての出場は可能なため、当面はDHとして起用される見込み。同GMは「本人の意思を尊重したい」とし、手術を受けるかどうかも含めて、今後の対応は遠征先から本拠地アナハイムに戻る10日(同11日)にも話し合うという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る