今平周吾はWR50位以内ならず…マスターズ出場も持ち越しに

公開日: 更新日:

【インドネシアンマスターズ】

 アジアンツアー最終戦の今大会で優勝争いに絡み、世界ランク(WR)50位以内に入って年内マスターズ出場権の獲得を目指した今平周吾(26)。

 20位発進の最終日は6バーディー、1ボギーの67で回り通算7アンダー、12位フィニッシュ。だが、肝心のWR50位以内は達成できなかった。

 試合は日本ツアーに出場するプーム・サクサンシン(25=タイ)が通算20アンダーで優勝するなど、トップ3はタイ選手が独占した。

 今大会には前年覇者でWR2位のJ・ローズと同27位のH・ステンソンが出場して、優勝のWR配分は24ポイント。今平が勝ったブリヂストンオープン(16ポイント)よりも試合の“格”が上だった。

 勝ったサクサンシンはWR239位から一気に、同140位前後までアップする見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る