“おいしい大会”は外国勢5連覇…日本女子プロの不甲斐なさ

公開日:

 【LPGAツアー選手権リコーカップ】

 実力の違いだけが理由ではない。

 国内女子ツアー最終戦は、一時は11アンダーで首位に並んだ鈴木愛(24)が18番のボギーで優勝争いから脱落。申ジエ(30)がプレーオフ1ホール目でペ・ヒギョン(26)を下し、今季4勝目を挙げた。

 申はこれで年間4つある公式大会(メジャー)のうち、3冠を獲得。特典として来季から7年間のシード権を手にしたわけだが、それにしても本大会は5年連続で外国選手が優勝。他の公式大会もワールドレディスは4年連続、日本女子プロも2年連続で外国勢が勝っている。畑岡奈紗(19)が3連覇を狙った日本女子オープンも今年は韓国のユ・ソヨン(28)が制した。公式大会は通常の冠大会より優勝賞金(2400万~3600万円)が高く、勝てば翌年から3年間のシード権が得られる「おいしい大会」。それが、日本選手はいつも外国勢の脇役に甘んじている。評論家の宮崎紘一氏が呆れ顔でこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る