最終QTに失敗した女子プロたち 壮絶な推薦争奪戦が始まる

公開日:  更新日:

 女子ツアーの来季出場権をかけ、シードのない102選手が出場した4日間の最終クオリファイングトーナメント(QT)が30日に終わった。

 1回目のリランキングまでの前半戦(今季はアース・モンダミンまで17試合)は、ランク35位内なら、ほぼ出場できる。

 主だった出場権獲得プロは原江里菜(1位)、三浦桃香(6位)、吉田弓美子(11位)、表純子(22位)、宮里美香(27位)、辻梨恵(29位)だ。

 いっぽうでアン・シネ(51位)、諸見里しのぶ(68位)、西山ゆかり(76位)、川岸史果(79位)、松森彩夏(81位)、堀琴音(83位)、服部真夕(97位)が厳しいポジションに追い込まれた。

 レギュラーの出場権を獲得できなければ、下部ツアーで戦うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る