天才が本気に? 広島・長野“練習宣言”で原監督に意趣返し

公開日: 更新日:

「噛んだんで、もう一回いいですか?」

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩(29)の人的補償として広島に新加入した長野久義(34)が23日、マツダスタジアムで入団会見に臨んだ。

 冒頭であいさつしたものの、前代未聞の「テーク2」を申し出て報道陣の爆笑を誘った。

 会見では「カープは練習が厳しいが、大丈夫か?」と聞かれ、「いや、練習は……できます。大丈夫です。何か練習しないように言われてますが、それはちょっと誤解が多いので(笑い)」と言い切った。

 発端は古巣の先輩である巨人の阿部。長野の流出が決まると「俺が見てきた後輩の中で一番練習をしなかったけど、一番天才型だった」とコメントした。

 さらに「長野が練習する男だったら、どんな選手になっていただろうか」と発言したことを問われると、「さっき訂正しましたよね。みなさん書いといてください」と返し、またも報道陣を笑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る