人気は長野…地方移住相談が10年前より10倍超も増えたワケ

公開日: 更新日:

 地方で暮らしたい――。こう考える20代、30代の若者たちが増えている。地方移住希望者の手助けをする「ふるさと回帰支援センター」(東京・有楽町)の調べによると、同センターへの移住相談件数は、昨年1年間で4万1518件(電話・来訪合計)。活動17年目にして初めて4万件を上回ったという。

 10年前のそれは、3823件。単純に10.9倍に増えた計算だ。

 同センターの嵩和雄氏がこう言う。

「昨年の相談件数の分析は2月に発表予定ですが、大きな傾向は前年度とほぼ同じだと思います。前年度は相談数の5割が20代、30代で、若い世代の伸びが目立ちました。

 これは、この10年間で“地方移住”のイメージが、ガラリと変わった影響だと思います。純粋な田舎暮らしから、ある程度の規模の市や町を含めた移住へ。若い世代の移住となると、仕事があるか否かも大事な要素ですから。地方移住そのものの幅が大きく広まったといっていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る