メジャーからは「江川級」と 星稜・奥川に絶賛の声が続々

公開日: 更新日:

■江川、上原、田中、前田、菅野…

 センバツに出場中の星稜(石川)奥川恭伸(3年)の評価がうなぎ上りだ。

 去る23日に優勝候補の履正社(大阪)を相手に毎回の17奪三振で3安打完封勝利。自己最速を更新する151キロをマークした。敗れた履正社の岡田監督は「これまでで一番? そう思いますね。藤浪(大阪桐蔭、現阪神)も見てきたけどコントロールが違う。奥川君は狙ったところにコントロール良く投げてくる。ここまで見ても四球がほとんどない」と高卒1年目から3年連続2ケタ勝利の右腕より上と証言した。

 元横浜高の部長で松坂(現中日)などを育て、センバツに出場中の山梨学院の臨時コーチとして甲子園に帯同している小倉清一郎氏は「コントロールがいい。フォークなどの変化球もしっかり操っている。今大会はどこも打てないんじゃないか、という投球。抜けた存在ですね」と評価。「ただ、ステップ幅が狭く、重心が高いのが気になります。もう少し重心が下がってきて股関節が使えたら、あと5キロは速くなりますよ。逆にいえば、まだ伸びしろがあるということ。松坂とは違うタイプで、上原(現巨人)が近い」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る