都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

“監督”という肩書が付くと対外的なプレッシャーが全然違う

公開日: 更新日:

 関東1部リーグ・ブリオベッカ浦安の監督に就任した元日本代表DF都並敏史氏(57)は、Jリーグの仙台(2005年)にC大阪(07年)、そして横浜FC(08年)での采配を振った経験があるが、それでも「まだまだ経験不足です。サッカーの監督というのは非常に奥深い仕事なのです」としみじみと話す。

■“奥深い仕事”

 ――現役引退後はサッカー解説者、古巣である東京Vユース監督を務めたり、経験値は低くはないと思います。

「たとえば、浦安の監督に就任して分かったことは<良好な関係性の選手たち>がいると<その近くでプレーする選手たち>にも波及し、組織としてのチームがスムーズに機能していく――ということです。これがJ監督時代には理解できていませんでした。Jとは違うカテゴリーですが、まだまだ悩みは尽きず、奥深い仕事に懸命に立ち向かっているところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る