都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

“監督”という肩書が付くと対外的なプレッシャーが全然違う

公開日: 更新日:

 関東1部リーグ・ブリオベッカ浦安の監督に就任した元日本代表DF都並敏史氏(57)は、Jリーグの仙台(2005年)にC大阪(07年)、そして横浜FC(08年)での采配を振った経験があるが、それでも「まだまだ経験不足です。サッカーの監督というのは非常に奥深い仕事なのです」としみじみと話す。

■“奥深い仕事”

 ――現役引退後はサッカー解説者、古巣である東京Vユース監督を務めたり、経験値は低くはないと思います。

「たとえば、浦安の監督に就任して分かったことは<良好な関係性の選手たち>がいると<その近くでプレーする選手たち>にも波及し、組織としてのチームがスムーズに機能していく――ということです。これがJ監督時代には理解できていませんでした。Jとは違うカテゴリーですが、まだまだ悩みは尽きず、奥深い仕事に懸命に立ち向かっているところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る