強豪ドイツと2-2…課題山積なでしこW杯本番への険しい道

公開日: 更新日:

 6月に開幕するFIFA女子W杯フランス大会へ向けて、最後の海外遠征でフランス(FIFAランク4位)に1―3で惨敗を喫したなでしこジャパン(同7位)。中4日で臨んだ9日のドイツ(同2位)戦では、何とか立て直して2―2のドローで終えた。

 確かにフランスは強かった。スピード、技術、パワーのすべてが桁違い。選手たちは口々に「今まで対戦してきた中で一番強く感じた」と漏らした。

 その強さに圧倒され続け、いつもの修正力が発揮されることなく過ぎ去った90分間は、W杯本大会を目前に控えたチームとは、とても思えないほど脆弱なものだった。

 そんな試合にガッカリしていたのは誰よりも選手たちだった。このチームに絶対的に足りないものがあるとすれば、それは〈経験値〉だ。こればっかりは、どうすることもできない。残された時間でできることは〈共通意識〉を持つこと。それ以外に手だてはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る