元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

再建誓うギュネシ監督「最高の結果を出す選手選びが重要」

公開日: 更新日:

 3位に入った2002年日韓大会以来、トルコはW杯から遠ざかっている。欧州選手権では08年大会で3位になっているものの、このところ想像以上の低迷を余儀なくされている。「エルドアン大統領の息のかかった人間が次々とサッカー協会の幹部になり、ビジョンのない代表強化が続いている」と現地記者も苦言を呈していたが、シェノール・ギュネシ監督が3月から16年ぶりに現場復帰。本格的な立て直しに着手した。

  ◇  ◇  ◇

 ギュネシ監督の2度目の代表指揮官就任が決まったのは3月頭。ベシクタシュを今季終了後に離れ、それから就任することになっていた。ところが20年欧州選手権予選に危機感を募らせたトルコ協会が3月のアルバニア、モルドバとの2連戦も「お願いしたい」と要請。急きょ采配を振ることになった。ベシクタシュの熱狂的サポーターや番記者からは「シーズン中なのに逃げるのか」「裏切り者」といった批判が殺到したが、2連勝を飾って早くも名将効果が表れた格好である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る