開幕29試合連続出塁 巨人・坂本が“アウト”にならないワケ

公開日: 更新日:

 巨人の主将・坂本勇人(30)が好調だ。3日の広島戦は2、3打席目にそれぞれ四球を選ぶなど3度出塁。開幕から29試合連続出塁となった。

 この日止まったものの、前日まで12戦連続安打。3日現在、打率.336でリーグ2位につける。今季は打率と同じようにこだわる数字があるという。2番で迎えることが決まっていた開幕直前、坂本勇はこう漏らしていた。

「今年は2番というのもあるし、後ろ(3番)に丸(佳浩=30)がいる。出塁率にこだわりたいですね」

 その出塁率は.427でリーグ3位。打率は昨季も.345で同2位だったため、今季覚醒したわけではないのだが、打席での意識が変わったようだ。

 まずは四球の数である。主に3番を務めた昨季は61で同10位にも入っていない。それが今季はこの試合で2つ選び、17で同6位と増加。開幕1番を務めた吉川尚の離脱により、4月16日から1番に入っても、原監督が「本人たち(坂本勇、丸)も非常に切磋琢磨しながら近い領域でやっている」と話すように、打順の並びは変わらず。丸も3番から2番になったことで、開幕から「丸につなぐ」という意識で打席に入っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る