首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

公開日: 更新日:

 昨年までの3年間、指揮を執った高橋由伸前監督(44)は、2、4、3位で昨季限りで辞任した。4年連続V逸を受け、今季から3度目となる原辰徳監督(60)が就任すると、27日現在、15勝8敗で首位を走っている。

 巨人はこのオフ、広島からFAで丸を5年総額25億5000万円で獲得するなど大補強を敢行した。丸は開幕から3番、現在は2番として機能しているが、本当にこれだけが原因なのか。

 原監督は「動く野球」を信条とする。広島との開幕2戦目で早くも坂本勇に送りバントのサインを出し、「勝負どころでは例外はない」とナインに知らしめた。実際、「生涯で2度目」と言う3番のビヤヌエバにも問答無用でやらせ、エンドランなど仕掛ける数も激増している。

 一方、チームメートによると「我慢強い」「動かない」のが由伸前監督だ。「投手に関しては素人なのでコーチに任せる」と言い続け、就任当初は尾花投手コーチ、2年目以降は斎藤投手総合コーチに一任。ナインの間で「試合での交代を含め、投手のことは完全に丸投げでした。通常のサインだって本当に由伸監督が出しているのか、実は村田ヘッド(コーチ)が出しているのか、分からない時があった」とささやかれたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  6. 6

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る