エ軍大谷の“早打ち”データが証明 根底に父・徹さんの教え

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24=エンゼルス)は日本にいたころから「早打ち」だし、その傾向は手術から復帰したいまも続いている。

 日本時間12日までの5試合、計24打席中、2ストライクと追い込まれてから打ちにいったのは3回だけ。いずれも凡退した(遊ゴロ、三振、三ゴロ)。ほとんどの打席で追い込まれる前に仕留めにいっている。

 5打席すべて2ストライクを取られる前に打ちにいって2安打した12日は「最初の打席から感じが良かった。しっかり反応できているということは、良い待ち方ができているということ。これまでは多少、甘いボールでも手が出せなかったことがある」と話した。

 早打ちは小学校時代から実践している。「ファーストストライクは見逃すな。ピッチャーはフォアボールが嫌。誰でも早いうちにストライクが欲しいものだし、甘い球がくる確率も、ヒットになる確率も高い」という社会人野球の経験がある父・徹さんの教えが根底にはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る