エ軍大谷の“早打ち”データが証明 根底に父・徹さんの教え

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24=エンゼルス)は日本にいたころから「早打ち」だし、その傾向は手術から復帰したいまも続いている。

 日本時間12日までの5試合、計24打席中、2ストライクと追い込まれてから打ちにいったのは3回だけ。いずれも凡退した(遊ゴロ、三振、三ゴロ)。ほとんどの打席で追い込まれる前に仕留めにいっている。

 5打席すべて2ストライクを取られる前に打ちにいって2安打した12日は「最初の打席から感じが良かった。しっかり反応できているということは、良い待ち方ができているということ。これまでは多少、甘いボールでも手が出せなかったことがある」と話した。

 早打ちは小学校時代から実践している。「ファーストストライクは見逃すな。ピッチャーはフォアボールが嫌。誰でも早いうちにストライクが欲しいものだし、甘い球がくる確率も、ヒットになる確率も高い」という社会人野球の経験がある父・徹さんの教えが根底にはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る