7カ月ぶりメジャー復帰 大谷翔平が今季3割30本を打つ根拠

公開日: 更新日:

 二刀流が、まずは打者として戻ってきた。

 昨年10月に右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けたエンゼルス・大谷翔平(24)が7日(日本時間8日)、敵地デトロイトでのタイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場。約7カ月ぶりの実戦は初回の第1打席。相手の先発左腕ノリスに対し、カウント2―2と追い込まれると、最後は134キロのスライダーに手が出ずに見逃し三振に倒れた。

 1死二、三塁の好機で巡ってきた三回の第2打席は132キロのスライダーで遊ゴロに打ち取られたが、三塁走者が生還。復帰初打点をマーク。結局4打数無安打、1四球、1打点、2三振の内容だった。チームは5─2で勝利した。

 大谷は打者復帰に際し「去年と比べて、感覚、状態など(の違い)は分からない。不安な部分もある」と話したが、TJ手術を受けた野手は復帰1年目からいきなり結果を残すケースが少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る