7カ月ぶりメジャー復帰 大谷翔平が今季3割30本を打つ根拠

公開日: 更新日:

 二刀流が、まずは打者として戻ってきた。

 昨年10月に右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けたエンゼルス・大谷翔平(24)が7日(日本時間8日)、敵地デトロイトでのタイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場。約7カ月ぶりの実戦は初回の第1打席。相手の先発左腕ノリスに対し、カウント2―2と追い込まれると、最後は134キロのスライダーに手が出ずに見逃し三振に倒れた。

 1死二、三塁の好機で巡ってきた三回の第2打席は132キロのスライダーで遊ゴロに打ち取られたが、三塁走者が生還。復帰初打点をマーク。結局4打数無安打、1四球、1打点、2三振の内容だった。チームは5─2で勝利した。

 大谷は打者復帰に際し「去年と比べて、感覚、状態など(の違い)は分からない。不安な部分もある」と話したが、TJ手術を受けた野手は復帰1年目からいきなり結果を残すケースが少なくない。

 古くは1994年のホセ・カンセコ(当時レンジャーズ)だ。前年の5月に肘にメスを入れたメジャー通算462本塁打のスラッガーは、復帰した94年には111試合に出場して打率2割8分2厘、31本塁打、90打点をマークしてカムバック賞を受賞した。大谷と同じアジア出身の選手ではインディアンス・秋信守外野手(36=韓国・現レンジャーズ)が、2008年5月に復帰し、94試合で打率3割9厘、14本塁打、66打点の好成績だった。昨季、大谷と新人王を争ったヤンキース・トーレス内野手(22)も、復帰1年目でメジャーに定着した上、打率2割7分1厘、24本塁打、77打点と活躍した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟