エンゼルス大谷 元祖二刀流の故郷で本塁打量産のチャンス

公開日: 更新日:

 21世紀の二刀流が元祖「2ウエープレーヤー」の故郷の地を踏んだ。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が10日(日本時間11日)のオリオールズ戦に「3番・DH」で出場。相手の先発右腕ストレイリーに対し、第1打席は低めの変化球に手が出ずに見逃し三振。三回の第2打席はフルカウントから低めのチェンジアップにバットが空を切り、2打席連続三振に倒れるなど、結局5打数無安打だった。

 大谷が初めて足を踏み入れた敵地ボルティモアは、あのベーブ・ルース(ヤンキースほか)の生まれ故郷。本拠地「オリオールパーク」の一部は、ルースの父親ジョージ氏が経営していたバーの跡地に建てられた。中堅スタンド後方にはルースの銅像が設置され、球場周辺には生家が残されている。

 復帰戦となったタイガース3連戦では柵越えがなかった大谷にとって、今回のオリオールズ戦は本塁打量産のチャンスだ。この球場は左翼(約102メートル)、左中間(約111メートル)と狭いため、右打者はもちろん、大谷のように逆方向への本塁打が多い(昨季は22本中5本)左打者にも有利なつくりになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る