エンゼルス大谷 元祖二刀流の故郷で本塁打量産のチャンス

公開日: 更新日:

 21世紀の二刀流が元祖「2ウエープレーヤー」の故郷の地を踏んだ。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が10日(日本時間11日)のオリオールズ戦に「3番・DH」で出場。相手の先発右腕ストレイリーに対し、第1打席は低めの変化球に手が出ずに見逃し三振。三回の第2打席はフルカウントから低めのチェンジアップにバットが空を切り、2打席連続三振に倒れるなど、結局5打数無安打だった。

 大谷が初めて足を踏み入れた敵地ボルティモアは、あのベーブ・ルース(ヤンキースほか)の生まれ故郷。本拠地「オリオールパーク」の一部は、ルースの父親ジョージ氏が経営していたバーの跡地に建てられた。中堅スタンド後方にはルースの銅像が設置され、球場周辺には生家が残されている。

 復帰戦となったタイガース3連戦では柵越えがなかった大谷にとって、今回のオリオールズ戦は本塁打量産のチャンスだ。この球場は左翼(約102メートル)、左中間(約111メートル)と狭いため、右打者はもちろん、大谷のように逆方向への本塁打が多い(昨季は22本中5本)左打者にも有利なつくりになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る