大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

公開日: 更新日:

 日本の情報提供者から電話がかかってきた。

 現在は甲子園大会の真っ最中。大阪は連日、35度を超す猛烈な暑さが続いているそうだ。勝ち上がるごとに日程はタイトになり、投手は連投を強いられる。ネット裏のプロ野球のスカウトも、金の卵が潰れないかヒヤヒヤらしい。

 米国の高校生の大会が行われるのは週末に限られるし、9回でなく7回制。選手の体を考慮しているからだが、日本はなぜ、戦前から続く旧態依然としたシステムを変えようとしないのか。地方大会をもっと早い時期に始めたり、甲子園大会にしてもベスト8が出そろった時点で解散、1週間後に再開したりすることはできないのか。

 情報提供者とそんな話をしていて、ふと、心配になったのが100マイル(161キロ)の剛速球を投げる大船渡・佐々木朗希のことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る