山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

大船渡・佐々木が普通の高校生なら? 登板回避論争に思う

公開日: 更新日:

 プロ注目の163キロ右腕・佐々木朗希(敬称略)を擁する大船渡高(岩手)が、夏の高校野球県予選決勝で敗退した。これだけでも大ニュースだが、それ以上に激しい論争を巻き起こしているのが、同試合で佐々木が登板しなかったことだ。

 この登板回避の理由について、同校の国保陽平監督は「投げられる状態ではあったかもしれませんが、故障を防ぐために私が判断しました」と語った。同大会の佐々木は予選3回戦で93球、3日後の4回戦で194球(!)、さらに3日後の準決勝で129球を投げており、一部報道によると、準決勝の前にはすでに右肘の違和感を訴えていたという。つまり、日本球界の宝となり得る佐々木が、大きな故障を負う兆候ははっきりあったということだ。

 よって、私個人としては迷うことなく妥当な判断だと考えていた。過去の高校球界を振り返っても、こういった投球過多の問題によって、多くの逸材が肩や肘を故障してきた。近年はそこを問題視する声が大きくなっていることもあり、国保監督は生徒の健康と安全を守る判断をしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る