権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

無責任で過剰な賛辞は大船渡・佐々木投手のためにならない

公開日: 更新日:

 無責任なことを言いなさんな、という心境になる。夏の甲子園を前にしたこの時期になると、プロ注目の高校球児がスポーツマスコミを賑わせるのが常だ。やれ「20年にひとりの逸材」だ、やれ「○○2世の長距離砲」だのとかまびすしい。

 今年は岩手・大船渡高校の佐々木朗希が主役に祭り上げられ、つい先日も「大谷君もすごいなと思ったけど、佐々木君の方がすごいと思う」という巨人スカウト部長のコメントがスポーツ紙各紙に躍っていた。同じ岩手の花巻東高時代に160キロをマークした大谷翔平(エンゼルス)を引き合いに出し、多くのスカウトが「大谷以上」と持ち上げている。

 もちろん、高校生で最速163キロを投げる佐々木投手が類いまれなる才能の持ち主であることに異論はない。ただし、現時点で「プロ野球史上一番の投手になるかもしれない」とか「ストレートのキレは今プロに入っても3本の指に入る」というスカウトの言葉はいくらなんでも飛躍しすぎだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る