副校長が苦悩を吐露…大船渡は佐々木登板回避で阿鼻叫喚

公開日: 更新日:

「試合に関して腹が立ったり、気に入らないと思う方々の気持ちはわからないわけではないのですが……」

 30日、憔悴した表情でこう言うのは、佐々木朗希(3年)が所属する大船渡高校の千葉貢副校長だ。

 大船渡は岩手大会決勝の花巻東戦で佐々木を温存し、準優勝に終わった。同校の国保監督が佐々木の故障リスクに配慮したからだが、この起用を巡って現役プロ野球選手やOB、識者らの間で賛否入り乱れる大論争に発展した。

■政治家動かすぞ

 影響をモロに受けているのが大船渡高校だ。学校は現在、夏季休業中だが、決勝当日(25日)だけで150件を超える電話が殺到するなど、全4回線がパンクした。九分九厘が采配批判。その後もメディアで起用に関する話題が取り上げられるたびに、職員室の電話が鳴り響くという。

「佐々木をなぜ出さなかったのか!」

「佐々木だけを特別扱いしているのか!」


 という監督批判のみならず、ファンと名乗る人物が「この20個の質問に全て回答せよ」とFAXを送りつけてきたり、匿名で「政治家を使って文科省に動いてもらう。わかったな!」とドーカツしたりする人もいるそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す