副校長が苦悩を吐露…大船渡は佐々木登板回避で阿鼻叫喚

公開日: 更新日:

「試合に関して腹が立ったり、気に入らないと思う方々の気持ちはわからないわけではないのですが……」

 30日、憔悴した表情でこう言うのは、佐々木朗希(3年)が所属する大船渡高校の千葉貢副校長だ。

 大船渡は岩手大会決勝の花巻東戦で佐々木を温存し、準優勝に終わった。同校の国保監督が佐々木の故障リスクに配慮したからだが、この起用を巡って現役プロ野球選手やOB、識者らの間で賛否入り乱れる大論争に発展した。

■政治家動かすぞ

 影響をモロに受けているのが大船渡高校だ。学校は現在、夏季休業中だが、決勝当日(25日)だけで150件を超える電話が殺到するなど、全4回線がパンクした。九分九厘が采配批判。その後もメディアで起用に関する話題が取り上げられるたびに、職員室の電話が鳴り響くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る