ソフトBがひと役 巨人を脅かすDeNAの中南米コミュニティー

公開日: 更新日:

 結束力は強い。

 6日、巨人が最下位ヤクルトに負け、今季ワーストタイとなる泥沼の6連敗。その巨人に2・5ゲーム差で2位につけているのがDeNAだ。

 優勝争いが混沌とする中、キーマンとなりそうなのがDeNAの「チーム中南米」だ。ソト(プエルトリコ出身)は35本塁打、90打点でいずれもリーグトップ。ロペス(ベネズエラ出身)は26本塁打、75打点で、主軸として打線を牽引。エスコバー(ベネズエラ出身)はリーグ最多66試合に登板して31ホールドをマークしている。

 助っ人と呼ばれる彼らは、シーズン終盤になると契約更新や年俸を意識して“やる気”を発揮するのが常。ロペスとエスコバーは単年契約だし、昨オフ、新たに2年契約を結んだソトにしても、彼らと一緒になってハッスルする理由がある。


 それが「中南米コミュニティー」。一役買っているのが、リーグを隔てた常勝球団ソフトバンクだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る