G連敗6で止めるも…メルセデスの深刻な“六回ガス欠症候群”

公開日: 更新日:

 また、六回だった。

 湿っていた打線が9得点と爆発し、巨人が連敗を6で止めた7日の中日戦。試合後の原監督は「久しぶりに勝ったという気がするね」とご満悦だったが、問題の投手陣に目を移せば、舌打ちのひとつでもしたい心境ではないか。

 五回まで1死球のみの無安打投球だった先発の助っ人左腕・メルセデス(25)が突然、崩れた。六回、先頭打者に内野安打で出塁されると、続く代打の藤井にも安打を許して無死一、三塁のピンチを招く。平田の犠飛で1点を失い、大島には死球を与えて、1死一、二塁となおもピンチを広げた。アルモンテを三振に打ち取って派手なガッツポーズを見せたものの、4番のビシエドを打席に迎えて、原監督に降板を告げられた。まだ4点をリードしていたが、巨人ベンチはメルセデスに試合を預ける気にはならなかったわけだ。

「いいピッチングをしてくれてはいるけど、代え時が難しいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る