G連敗6で止めるも…メルセデスの深刻な“六回ガス欠症候群”

公開日: 更新日:

 また、六回だった。

 湿っていた打線が9得点と爆発し、巨人が連敗を6で止めた7日の中日戦。試合後の原監督は「久しぶりに勝ったという気がするね」とご満悦だったが、問題の投手陣に目を移せば、舌打ちのひとつでもしたい心境ではないか。

 五回まで1死球のみの無安打投球だった先発の助っ人左腕・メルセデス(25)が突然、崩れた。六回、先頭打者に内野安打で出塁されると、続く代打の藤井にも安打を許して無死一、三塁のピンチを招く。平田の犠飛で1点を失い、大島には死球を与えて、1死一、二塁となおもピンチを広げた。アルモンテを三振に打ち取って派手なガッツポーズを見せたものの、4番のビシエドを打席に迎えて、原監督に降板を告げられた。まだ4点をリードしていたが、巨人ベンチはメルセデスに試合を預ける気にはならなかったわけだ。

「いいピッチングをしてくれてはいるけど、代え時が難しいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る