巨人ゲレーロが満塁弾でチーム救う 来季へ向け“就活”開始

公開日: 更新日:

 巨人が本塁打攻勢で連敗を4で止めた。

 28日の阪神戦。1点を追う初回にアレックス・ゲレーロ(32)の9号満塁弾などで一挙7点を奪った。前日は14年ぶりとなる18残塁の大拙攻で敗れたが、ゲレーロの来日初の満塁本塁打が、打者11人で6安打7得点の呼び水となった。

 走者がいると打てない――。本塁打王となった中日時代の2017年は、35本のうちソロが22本。昨季は15本中ソロが11本。他球団からは「ソローロ」「ミスターソロ」などと揶揄されるが、豪快な満塁弾で連敗中の重苦しいムードを吹き飛ばした。ゲレーロは「満塁のチャンスでいいコンタクトができた」と喜べば、原監督は「そうそうある点差ではない。やはりゲレーロのホームランが大きかった。このところいい結果が出ている。いい役割を果たしてくれている」と目を細めた。


 それでも、打率.227、22打点、9本塁打。2年契約2年目、年俸3億円の助っ人の成績にしては、物足りないもいいところだ。実際、二軍から26日に上がったばかり。この成績では来季の契約延長は難しい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る