巨人ゲレーロが満塁弾でチーム救う 来季へ向け“就活”開始

公開日: 更新日:

 巨人が本塁打攻勢で連敗を4で止めた。

 28日の阪神戦。1点を追う初回にアレックス・ゲレーロ(32)の9号満塁弾などで一挙7点を奪った。前日は14年ぶりとなる18残塁の大拙攻で敗れたが、ゲレーロの来日初の満塁本塁打が、打者11人で6安打7得点の呼び水となった。

 走者がいると打てない――。本塁打王となった中日時代の2017年は、35本のうちソロが22本。昨季は15本中ソロが11本。他球団からは「ソローロ」「ミスターソロ」などと揶揄されるが、豪快な満塁弾で連敗中の重苦しいムードを吹き飛ばした。ゲレーロは「満塁のチャンスでいいコンタクトができた」と喜べば、原監督は「そうそうある点差ではない。やはりゲレーロのホームランが大きかった。このところいい結果が出ている。いい役割を果たしてくれている」と目を細めた。


 それでも、打率.227、22打点、9本塁打。2年契約2年目、年俸3億円の助っ人の成績にしては、物足りないもいいところだ。実際、二軍から26日に上がったばかり。この成績では来季の契約延長は難しい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る