ソラーテのサヨナラ弾も喜べず…虎劇的勝利の裏にザル守備

公開日: 更新日:

「今日はミスが多すぎた。勝って喜びたいが、喜んでいいのかという自分もいる」

 新助っ人ソラーテのサヨナラ2ランに矢野監督が複雑な表情を見せたのもよくわかる。それほどこの日の阪神の守備はヒドかった。まずは初回、1死一、三塁でビシエドの三塁ゴロで併殺を狙った大山の送球を二塁糸原がベース上でポロリ。記録に残らないミスで先制を許せば、ソラーテも二回、京田の捕れるゴロをグラブにも当てられず記録は中前打。ソラーテは六回にも1死二塁で遊ゴロを一塁へ悪送球。二、三塁とピンチを広げ、続くビシエドの適時打で同点にされた。

 八回には糸原が平凡な飛球を落とし、福留の本塁悪速球などが絡んで逆転された阪神。ソラーテの一発は4つの失策すべてを帳消しにしたものの、「恥ずかしい黒星」とならなければ、ミスした選手もホッとするだけ。阪神の83失策はダントツのリーグワースト。確かにサヨナラ勝ちでバカ騒ぎしている場合ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る