ソラーテのサヨナラ弾も喜べず…虎劇的勝利の裏にザル守備

公開日: 更新日:

「今日はミスが多すぎた。勝って喜びたいが、喜んでいいのかという自分もいる」

 新助っ人ソラーテのサヨナラ2ランに矢野監督が複雑な表情を見せたのもよくわかる。それほどこの日の阪神の守備はヒドかった。まずは初回、1死一、三塁でビシエドの三塁ゴロで併殺を狙った大山の送球を二塁糸原がベース上でポロリ。記録に残らないミスで先制を許せば、ソラーテも二回、京田の捕れるゴロをグラブにも当てられず記録は中前打。ソラーテは六回にも1死二塁で遊ゴロを一塁へ悪送球。二、三塁とピンチを広げ、続くビシエドの適時打で同点にされた。

 八回には糸原が平凡な飛球を落とし、福留の本塁悪速球などが絡んで逆転された阪神。ソラーテの一発は4つの失策すべてを帳消しにしたものの、「恥ずかしい黒星」とならなければ、ミスした選手もホッとするだけ。阪神の83失策はダントツのリーグワースト。確かにサヨナラ勝ちでバカ騒ぎしている場合ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る