釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

ミャンマー戦では一人一人が局面を打開するプレーを見たい

公開日: 更新日:

 キリンチャレンジ杯のパラグアイ戦の前半に関しては、2―0という得点差以上に日本代表の良さが伝わってきた。

 攻撃面では左サイドMFの中島、トップ下のMF南野のコンビネーションの良さが目に付いた。この2人と1トップのFW大迫との連動性も良かった。及第点をあげよう。

 しかしながら――。

 ハーフタイムをはさんで左サイドMFが中島から原口に、右サイドMFが堂安から久保に代わり、後半半ばには大迫に代わってFW永井が投入され、ボランチMF柴崎が板倉と交代した。多くの選手が入れ替わったこともあり、選手同士の連係面は、もうひとつだったと言わざるを得ない。

 守備に関しては、パラグアイ自体が攻守ともに迫力と精度を欠いたこともあり、不安を感じるようなシーンはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る