13歳金メダル候補 スケボー女王・岡本碧優に快挙の可能性

公開日: 更新日:

 東京五輪スケートボードに逸材が揃っている。中でも、金メダル候補といわれているのが、女子パーク世界ランキング1位の岡本碧優(13)。表情に、まだあどけなさが残る中学1年生ながら、女子では最高難度とされる「バックサイド540(ファイブフォーティー)」を武器に、昨年の世界選手権を制するなど、早くも女王の座に君臨している。

 28日、都内で行われた所属先のMKグループ新制服発表会に出席した岡本は「他の選手も540をやってきている。540だけじゃ勝てないので、新しい技も乗れるようにして、他の技のメーク(成功)率やクオリティーも上げていきたい」と、さらなるレベルアップを誓った。

 中学生でも世界のトップに立てるのは、競技人口が少ない新種目だからこそだが、岡本には28年ぶりの快挙がかかる。

 中学生の岡本が金メダルを獲得すれば、1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで頂点に立った岩崎恭子以来となる。当時、中2の岩崎が金メダルを手にしたのは14歳と6日。岡本は、今年6月22日で14回目の誕生日を迎え、14歳44日で8月5日の競技本番を迎える。仮に表彰台の真ん中に立っても、岩崎の最年少記録には及ばないものの、快挙達成となれば“にわかファン”が出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る