13歳金メダル候補 スケボー女王・岡本碧優に快挙の可能性

公開日: 更新日:

 東京五輪スケートボードに逸材が揃っている。中でも、金メダル候補といわれているのが、女子パーク世界ランキング1位の岡本碧優(13)。表情に、まだあどけなさが残る中学1年生ながら、女子では最高難度とされる「バックサイド540(ファイブフォーティー)」を武器に、昨年の世界選手権を制するなど、早くも女王の座に君臨している。

 28日、都内で行われた所属先のMKグループ新制服発表会に出席した岡本は「他の選手も540をやってきている。540だけじゃ勝てないので、新しい技も乗れるようにして、他の技のメーク(成功)率やクオリティーも上げていきたい」と、さらなるレベルアップを誓った。

 中学生でも世界のトップに立てるのは、競技人口が少ない新種目だからこそだが、岡本には28年ぶりの快挙がかかる。

 中学生の岡本が金メダルを獲得すれば、1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで頂点に立った岩崎恭子以来となる。当時、中2の岩崎が金メダルを手にしたのは14歳と6日。岡本は、今年6月22日で14回目の誕生日を迎え、14歳44日で8月5日の競技本番を迎える。仮に表彰台の真ん中に立っても、岩崎の最年少記録には及ばないものの、快挙達成となれば“にわかファン”が出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る