バド桃田に仰天プラン浮上「マレーシアで復帰」の青写真

公開日: 更新日:

 遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれたバドミントン男子シングルス世界王者の桃田賢斗(25)。日本協会は3月上旬の全英オープンでの戦列復帰を見込んでいるが、東京五輪金メダル候補の先行きは依然として不透明だ。

 桃田の回復次第では五輪にぶっつけ本番で臨む可能性もあるものの、ここにきて意外な復帰プランが浮上している。眉間部などの裂傷、全身打撲などの重傷を負ったマレーシア・クアラルンプールのコートで再びプレーする青写真だ。

 マレーシアの地元紙「ザ・スター」(電子版)は、同国協会のノルザ・ザカリア会長が、桃田をマレーシア・オープンに招待する意向を明かした。

 全英オープン閉幕後の3月下旬にはマレーシア・オープンが控えており、同会長は「一日でも早く回復してもらって、再び(会場のある)クアラルンプールでプレーして欲しい」と、桃田が同地を訪れる際には全力でサポートするとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る