バド桃田に仰天プラン浮上「マレーシアで復帰」の青写真

公開日: 更新日:

 遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれたバドミントン男子シングルス世界王者の桃田賢斗(25)。日本協会は3月上旬の全英オープンでの戦列復帰を見込んでいるが、東京五輪金メダル候補の先行きは依然として不透明だ。

 桃田の回復次第では五輪にぶっつけ本番で臨む可能性もあるものの、ここにきて意外な復帰プランが浮上している。眉間部などの裂傷、全身打撲などの重傷を負ったマレーシア・クアラルンプールのコートで再びプレーする青写真だ。

 マレーシアの地元紙「ザ・スター」(電子版)は、同国協会のノルザ・ザカリア会長が、桃田をマレーシア・オープンに招待する意向を明かした。

 全英オープン閉幕後の3月下旬にはマレーシア・オープンが控えており、同会長は「一日でも早く回復してもらって、再び(会場のある)クアラルンプールでプレーして欲しい」と、桃田が同地を訪れる際には全力でサポートするとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る