さいたま国際女子マラソンを消滅させた実業団の“駅伝重視”

公開日: 更新日:

 近代女子マラソン「第1号」のDNAが消える。

 五輪や世界陸上など女子代表選考会のひとつだったさいたま国際マラソンが、12月に予定していた第6回大会開催を見送ることになった。

 この一報に落胆したのが、元陸連専務理事の帖佐寛章氏だ。

「国際陸連(現・世界陸連)が世界で初めて公認した女子マラソンが1979年創設の東京国際女子マラソンだった。コース選定のため警視庁に通い、選手集めに奔走した思い出深い大会です。その後継大会が横浜国際(2009~14年)であり、さいたま国際(15年~)だったわけですから」

 さいたまのコースは起伏が多く、「好記録が期待できない」と漏らす実業団の指導者も少なくなかった。しかも、全日本実業団対抗女子駅伝と開催日が近いことも有力選手が出場しない理由とされ、国内の「女子3大マラソン」(大阪国際、名古屋ウィメンズ)の中では最も注目度が低いレースだった。さいたま市の財政負担も重く、陸上界からも「消えていくのは時間の問題」という声が出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る