大坂なおみ3回戦敗退 “一人相撲”に走らせた前年覇者の重圧

公開日: 更新日:

「(相手は)去年の全米よりファーストサーブがよく、攻撃的だった。前に勝っていたので、もっといいプレーをしたいと思った。ナーバスになっていた? ナーバスというよりも、プレッシャーを感じていた。ナーバスなのは相手の方。わたしの方は勝って当然というプレッシャーがあった」

 大坂なおみ(22=世界ランク4位)がこう言った。

 24日の全豪オープンテニス3回戦。大会連覇を狙った大坂は、15歳のガウフ(米国=同67位)に3―6、4―6のストレート負け。昨年の全米オープン3回戦で下した相手に、2度目の対戦で雪辱された。

 現地で取材するスポーツライターの武田薫氏はこう言う。

「中国選手との2回戦で大きくリードしながらラケットを叩きつけたり、今大会はなぜ、こんな場面でという局面でキレることがあった。この日も得意であるはずのバックハンドのミスが命取りになった。外からは分かりづらいが、精神的にかなり緊張していたのだろう。相手のガウフは15歳ながら大人びた性格の選手で、大坂は冷静に付け込まれたように思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る