厚底ナイキで状況一変 実業団連合は褒賞金1億円払えるのか

公開日: 更新日:

 今季の駅伝大会で記録ラッシュを生んでいる厚底シューズ。ソール内のカーボンファイバープレートが「不公平な補助」とされ、世界陸連が規制に乗り出す構えを見せているが、東京五輪マラソン代表の最後の切符を狙う選手にとっては、残り2つの選考レース(*注1)で厚底が履けるか、履けないかは雲泥の差だ。

 男子は2時間5分49秒。女子は2時間22分22秒以内で走れば、最後の1枠に入る。

 設定記録が出なければ、昨年9月のMGCで3位になった大迫傑(28)と小原怜(29)が3人目の代表となる。

 この記録は、MGCの出場権を争った期間内のレースで大迫と松田瑞生がマークした最高記録よりも1秒速い時計である。昨年5月に決定した時は、男女とも「突破は厳しい」とみられていたが、厚底シューズの普及で状況は一変。MGCファイナルに出場する選手たちは五輪代表の可能性が大きく広がった。「それだけではありません」と、ある実業団関係者がこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る