厚底ナイキで状況一変 実業団連合は褒賞金1億円払えるのか

公開日: 更新日:

 今季の駅伝大会で記録ラッシュを生んでいる厚底シューズ。ソール内のカーボンファイバープレートが「不公平な補助」とされ、世界陸連が規制に乗り出す構えを見せているが、東京五輪マラソン代表の最後の切符を狙う選手にとっては、残り2つの選考レース(*注1)で厚底が履けるか、履けないかは雲泥の差だ。

 男子は2時間5分49秒。女子は2時間22分22秒以内で走れば、最後の1枠に入る。

 設定記録が出なければ、昨年9月のMGCで3位になった大迫傑(28)と小原怜(29)が3人目の代表となる。

 この記録は、MGCの出場権を争った期間内のレースで大迫と松田瑞生がマークした最高記録よりも1秒速い時計である。昨年5月に決定した時は、男女とも「突破は厳しい」とみられていたが、厚底シューズの普及で状況は一変。MGCファイナルに出場する選手たちは五輪代表の可能性が大きく広がった。「それだけではありません」と、ある実業団関係者がこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る