ヤクルト奥川“過保護”は正解 2軍キャンプ帯同はケガの功名

公開日: 更新日:

 ヤクルト奥川恭伸(星稜)は25日、宮崎・西都で行われていた二軍キャンプを打ち上げ、充実した表情を浮かべた。

 一軍帯同で多くの注目を集めたロッテの佐々木に対し、キャンプ前に右肘炎症が発覚した奥川は、カメの歩みのごとく、ゆっくりと調整を進めた。

 キャッチボールが解禁されたのは今月7日。初ブルペンはその2週間後の22日だった。奥川は初ブルペン後、「投げられないストレスを感じていた。長かったです」と言った。投げたい気持ちがはやり、何度も周囲から「投げるな」と止められた。初ブルペンでは30球を予定していたが、途中でブレーキがかかり22球で終了。過保護ともいえるキャンプ生活だったが、「奥川の性格からして結果的にプラスになるのではないか」と、ヤクルトOBがこう言う。

「石川ののどかな街で生まれ育った奥川は、控えめな性格。人間関係についても高校時代から積極的にコミュニケーションを交わすというより、徐々に距離を縮めていくタイプだったといいます。見るものすべてが初めてのプロの水に慣れるには、多少なりとも時間がかかるとみられていました。キャンプ中も常々、『周りの方に失礼なことをしていないか、気になります』と言っていたくらいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る