ヤクルト嶋がフタをする古巣・楽天“戦力外通告”への本音

公開日: 更新日:

 ヤクルトに入団した嶋基宏(35)は昨オフ、楽天から減額制限を超える条件提示を受け、自由契約に。事実上の戦力外通告ともいわれ、プロ入りから13年間を過ごした杜の都を離れることになった。

 昨年12月、仙台で開催された自身主催のファンイベントでは、エースの則本から泣きながら花束を手渡されると、涙をこらえきれなかった。「楽天のシンボル」ともいうべき存在だった嶋の退団は、大きな波紋を呼んだ。

「いろいろと思いはありますが、自分の決めた道なので……。まあでも、プロというのはそういう世界。自分が招いたことですから、全く後悔はないです」

 新天地で若手に交じって大きな声を出し、復活を目指す嶋は、キッパリとこう言った。

「自分が招いたこと? 自分自身、一軍でチャンスをつかめなかったということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る